カンボジアからの技能実習生が日本で学んでいます

カンボジアからの技能実習生が日本で学んでいます

カンボジアの技能実習生として働くための流れ

カンボジアの方を技能実習生として雇い入れる場合会社によって直接採用をするところとまずはヒアリングを行う場合があります。


ヒアリングを行う場合は受け入れ企業の実習生受け入れ希望を貰い、企業から業種や職種、雇用条件などの詳細の求人情報をヒアリングします。そこで企業側と学生側の条件がマッチしたら送り出しを開始します。

安心できるカンボジアの技能実習生の最新情報が知りたい方にはこちらです。

このようにすることで企業と技術実習生の間でギャップを減らし円滑に学ぶことができる環境を整えます。



技術実習生として働くための流れとしてまず挙げられるのが求人書類を準備することです。
雇用契約書、雇用条件書を作成したり面接渡航をするために必要なビザを発行したり渡航スケジュールを決めていきます。必要書類が揃えば続いては面接試験を受ける必要があるので面接に備えてしっかりと対策をしましょう。


無事に面接を終えて採用が決定すると事前準備していた雇用契約を学生たちと結びます。



その後はカンボジアの方が日本で技能実習生として働くために必要な日本語をレベルに応じてトレーニングをすることがあります。


さらにカンボジアの技能実習生の面接が終了するとすぐに送り出し機関による書類作成に入ります。
履歴書や派遣元企業概要書、労働省提出書類などを作成し、各省庁や機関・協会に提出するため出来るだけ早急に対応することが求められます。
またカンボジアだけでなく日本へ送る書類も同時に作成する必要があり、技能実習生として働くためにはしっかりとした段取りが必要になります。

  • カンボジアの研修生の常識

    • 技能実習生のカンボジア人の90%はクメール語を話すクメール人で仏教徒であるため和を大切にしてお互いに協力をし合う人間関係を大切にしています。性格は温厚で親しみやすく目と目が合ったら笑顔で返してくれるような元気で明るい印象の方が多いです。...

      detail
  • カンボジアの研修生についての考察

    • 外国人技能実習制度を利用して、カンボジア人実習生を受け入れる企業や団体が増えています。その一方で、日本ではカンボジアという国やそこに暮らす人々について、ほとんど予備知識を持っていないという人も珍しくはありません。...

      detail
  • カンボジアの研修生の情報分析

    • 日本の高い技術力を外国人技能実習制度を通してアジア諸国に移行させることを目的とした、発展途上の国の人材育成が日本の民間企業に定着しつつありますが、近年ではカンボジアの若い人材に注目が集まっています。カンボジアはアジアの中でも、他の国に比べて経済発展が出遅れています。...

      detail
  • カンボジアの研修生の基本知識

    • カンボジアは人口約1、500万人の国で、インドシナ半島にあります。国民のほとんどが敬虔な仏教徒で、礼儀正しく両手を合わせて感謝の意を表する作法から、日本人にとっても信頼感を持てる国民性を有しています。...

      detail