カンボジアからの技能実習生が日本で学んでいます

  • カンボジアの技能実習生について

    • 技能実習生のカンボジア人の90%はクメール語を話すクメール人で仏教徒であるため和を大切にしてお互いに協力をし合う人間関係を大切にしています。

      性格は温厚で親しみやすく目と目が合ったら笑顔で返してくれるような元気で明るい印象の方が多いです。

      カンボジアの技能実習生と言うとどうしても一緒に働きにくいのではないかと心配される方がいますが彼らの多くが母国の発展を希望しており技能実習に向上心を持っています。


      また以前は貧困のイメージが強かったカンボジアですが最近はチャイナ・プラス1として日系企業の進出や隣接するタイ、ベトナムからも企業が進出しているため経済が上向きになってきています。

      カンボジアの技能実習生情報をこれから探す方におすすめのサイトです。

      技能実習生を雇い入れるメリットとして挙げられるのが国際社会への貢献です。



      勤勉なカンボジア実習生の雇い入れにより産業振興の担い手になる人材を育成して将来の経済発展を促せる人材を育成すると共にグローバル化が著しい中で企業の国際的なイメージアップに繋がります。



      国際部署などがあったといても社員全員が外国人と関わるのは難しいので技能実習生の受け入れにより国際社会への貢献になります。


      続いては少子化や高齢化が著しく深刻な労働者不足に陥ろうとしている日本で若い労働力を確保することが出来ます。真面目で明るい性格の方が多いため職場の活性化に繋がり仕事の効率をより一層高めることが可能です。
      さらに経営の中で最も経費がかかるのが人件とされていますが低コストで高い潜在能力を持つカンボジア実習生を受け入れることはとてもメリットだと考えられます。