カンボジア人実習生を受け入れるときに注意すべきこと - カンボジアからの技能実習生が日本で学んでいます

カンボジアからの技能実習生が日本で学んでいます

  • カンボジア人実習生を受け入れるときに注意すべきこと

    • 外国人技能実習制度を利用して、カンボジア人実習生を受け入れる企業や団体が増えています。
      その一方で、日本ではカンボジアという国やそこに暮らす人々について、ほとんど予備知識を持っていないという人も珍しくはありません。

      実習生を受け入れるときには、日本での技能研修が上手くいくように、生活習慣や文化の違いを理解しておくことが必要です。

      カンボジアの基本的な情報については、受け入れ先の職員全体で情報を共有しておくことが望ましいとされています。カンボジア人のほとんどが仏教徒であり、穏やかな性格な人が多いのが特徴です。

      あなたの知らないカンボジアの実習生の情報を提供中です。

      その一方で、シャイな性格の人が多く、家族や親しい友人以外とは積極的にコミュニケーションを取らない人も少なくないため、受け入れ側で何らかの対策が必要です。過去に実習生を受け入れてきた現場では、実習生の歓迎会や休憩時間における声掛け、休日に日本人スタッフの家に招待するなどの取り組みが効果を上げています。

      カンボジアでは初対面のときや、年下の人が目上の人と会ったときなどには、両手を合わせて挨拶をするのが一般的です。


      東南アジアの国では、このような合掌をして挨拶するのがマナーとされているため、日本人のスタッフも覚えておくとよいでしょう。

      また、喫煙する男性が多いため、休憩中や宿舎でタバコが吸えるように環境を整えておくことも大切です。



      日本では公共の場やレストランなどで禁煙になっているところが増えていますが、喫煙できるのが当たり前の国の人が戸惑ってしまう可能性があります。