期待の星はカンボジア実習生 - カンボジアからの技能実習生が日本で学んでいます

カンボジアからの技能実習生が日本で学んでいます

  • 期待の星はカンボジア実習生

    • 日本の高い技術力を外国人技能実習制度を通してアジア諸国に移行させることを目的とした、発展途上の国の人材育成が日本の民間企業に定着しつつありますが、近年ではカンボジアの若い人材に注目が集まっています。カンボジアはアジアの中でも、他の国に比べて経済発展が出遅れています。

      しかし、逆に言えばその出遅れこそが埋もれている貴重な人材が必死に技術取得に励むモチベーションのひとつとなっています。実際カンボジアには若くて優秀な実習生が大勢います。

      カンボジアの実習生の情報を簡単に探すことができます。

      そしてカンボジア人の気質の特徴が素直で穏やかだというだけあって、雇用する企業からも大変に評判がよく、重宝されているのが事実です。



      実習生は日本に来て慣れない日本語を使い、その生活のスピードに戸惑いながらも持ち前の明るさと素直さでいつの間にか日本社会に溶け込んでしまう要素を持っています。

      受け入れる企業側も高齢化の進む社内に若い人材が入ることによって、職場は活気づき、また実習生にいろいろと教える過程の中で思いやりを持つことができるようになり、職場の人間関係が以前よりも良くなったという企業も少なくはありません。

      実習生も最先端の日本の技術に触れ、学び、それを母国に持ち帰って貢献するという誇りとモチベーションを持って仕事に従事しています。カンボジア人の素直で働く意欲の溢れる若者を戦力として持つことは、企業にとっても大きな魅力であり、双方が手をつなぐことによって価値を生む結果を得ることが可能となっています。