カンボジアからの技能実習生が日本で学んでいます

  • カンボジアからの技能実習生が日本で学んでいます

    • カンボジアは人口約1、500万人の国で、インドシナ半島にあります。

      国民のほとんどが敬虔な仏教徒で、礼儀正しく両手を合わせて感謝の意を表する作法から、日本人にとっても信頼感を持てる国民性を有しています。

      カンボジアの実習生情報について詳しく解説しております。

      さらに、年長者を尊重する姿勢も日本人に共通したものであり、勤勉で実直なパーソナリティーも、日本人に似た側面があります。


      現時点では、カンボジアにとって、日本は最大の援助国です。カンボジア国民は、日本人に対して、また、日本の企業に対して崇敬の念を抱いています。



      熱心に支援をしてくれている日本国と日本人に報いたいがために、日本で勉強し、働きたいというカンボジア人の数は非常に多いのです。日本には、外国人技能実習生制度があります。
      これは、日本の企業において、開発途上国の人々を一定の期間にわたって受け入れ、日本が持っている技術や技能を習得してもらう制度のことなのです。

      外国人技能実習生制度は、開発途上国の人々への技術や技能の移転を図って、発展途上国の成長を担う人材育成を目的としています。



      日本の国は多大の国際貢献や国際協力を行っていますが、外国人技能実習生制度もその一翼を担うものです。実務的に受け入れが可能な技能実習生の数については、受け入れ企業の従業員数によって、枠が設定されています。
      また、技能実習生に対しては、各種の労働社会保険法令上の権利が保障されていますので、福祉面での安心感もあります。

      カンボジアからも多くの青年が日本の技能を学んでいます。